完母で育てたいけど母乳だけで大丈夫?栄養不足が心配

完母で育てている方にとって不安要素の一つが、母乳だけで栄養分がきちんと摂れているのかということ。
ここでは、母乳だけで栄養分はきちんと摂れているかを検証します。

基本的には母乳は、母親の食習慣に大きく影響があります。
普段より少し多めに食べておくことで、栄養価の高い母乳が作られると言われています。
食生活においてもバランスよく少し多めを意識してみてください。

また、カフェインや煙草やアルコールは程々ならばよいですが、過度に多いと危険です。
たとえば、ヘビースモーカーの場合、母乳の出が悪くなるだけでなく、赤ちゃんが嘔吐したり頻脈を起こしたりする場合もあります。
ひどい場合は、乳幼児突然死症候群(SIDS)などを引き起こす恐れもあります。

カフェインの摂りすぎの場合、落ち着きのなさ、不眠、神経質、多飲といった状態を引き起こす恐れがあると言われています。(1日1杯程度ならOKだそうです。)

アルコールの摂りすぎの場合、母親の母乳の出も悪くなるため健康的に育ちづらくなると言われています。
ですので、コーヒーや煙草や酒類は控えめにしておくようにしてください。

栄養不足の母親からも母乳は得られるが、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンB6・ビタミンB12の分量が少なくなると言われています。
ですので、きちんと正しい食習慣を送れていれば母乳だけでも十分です。

ただし、母乳だけの場合バランスよく栄養を与えるというのは難しい傾向があります。
たとえば、ビタミンKが母乳だけでは不足しがちになります。

ビタミンKは、血液凝固に関係するので、不足すると頭蓋内出血で死亡する恐れもあります。
ですので、日本では新生児に経口でビタミンKを投与しているようです。

くる病を警戒して、カルシウムと鉄分は妊娠後期並みに摂ったほうがいいとも言われています。
基本的には、母乳をきちんと与えていれば栄養不足に陥ることはないようです。

赤ちゃんの栄養不足も心配ですが、お母さんの栄養不足も心配です。
産後、髪を乾かすとごっそりと抜け毛が出るなんていう完母ママも多いので、その辺りの対策も行う必要があるでしょう。